ICT社会の定番!これまでの出願者数は、約135万人を突破!主に、高校生、専門学校生、短大・大学生、社会人の受験生が多数。J検についてもっと詳しく

『情報デザイン教育の事例から学ぶカリキュラム』〜情報デザインカリキュラム開発ワークショップ〜 学校・教育関係の皆さま向け

情報デザインカリキュラム開発ワークショップの様子(グループB)

平成20年8月29日・30日(グループB)
場所:クロスウェーブ府中

8月開催のワークショップセミナーも、ご好評のうちに終了しました。

参加者の声

  • 実際の授業であつかう内容が多くて参考になった。断片的ではなく、順を追って説明ができると感じた。
  • グラフィックやWebを専攻する学生だけでなく、イラストやアニメ、まんがの授業にも工夫して導入したい。

情報デザインカリキュラム開発ワークショップの様子(グループA)

平成20年7月4日・5日(グループA)
場所:クロスウェーブ府中

当日は、企業の方も見学されるなど総勢20名で、和気あいあいと行われました。

  • 課題の共有
    ワークショップ写真(1):課題の共有
  • グループで検討
    ワークショップ写真(2):グループで検討
  • 検討の成果
    ワークショップ写真(3):検討の成果
  • 中間発表
    ワークショップ写真(4):中間発表
  • 課題の仕上げ
    ワークショップ写真(5):課題の仕上げ
  • 最終発表
    ワークショップ写真(6):最終発表

参加者の声 〜アンケート結果〜

Q: 本日のセミナーはいかがでしたか? 非常に満足57%、まあ満足43%Q:今後の取り組みに役立ちましたか? さっそく取り組みを検討したい14%、取り組みを検討してみたい86%

  • 企業の方のお話がとても参考になりました。(IT系)
  • 他校の情報デザイン教育の事例や成果を見ることができ参考になった。また、情報デザインという切り口で、プラン・コンセプト作成デザインの一連を繰り返し意識させる必要性を改めて実感できた。教授法についても、具体的な手法を知ることができて非常によかった。(デザイン系)
  • 教育現場より、実務上での情報が多いと良いと思う。(IT系)
  • 事例発表では、経験豊富な先生の現場の話を伺い、大変参考になりました。情報デザイン教育だけでなく、他の授業展開にも有効だと考えています。(IT系)
  • 他校の情報教育の成功例や、企業が求める学生の情報教育について知ることができ有意義だった。各講師の講義は非常に関心が高かったので、もっと長時間で深く聞けるとよかったと思う。(デザイン系)

スライド形式の動画でもご覧いただけます(再生時に音声が流れます)

Get Adobe FLASH PLAYER動画をご覧いただくためには、Adobe Flash Player が必要です。アドビ社のサイトより無料でダウンロードできます。

本セミナーは、文部科学省補助事業です

↑ ページのトップへ