ICT社会の定番!これまでの出願者数は、約130万人を突破!主に、高校生、専門学校生、短大・大学生、社会人の受験生が多数。J検についてもっと詳しく

情報デザイン試験 共通科目サンプル問題

共通科目試験のサンプル問題を紹介しています。より詳しいサンプル問題をご覧になりたい方は、こちらからサンプル問題(PDFファイル)をダウンロードしてください。

Get Adobe ReaderPDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader が必要です。アドビ社のサイトより無料でダウンロードできます。

サンプル問題

問題 次の文化祭イベント企画についての説明を読み、各設問に答えよ。

[文化祭イベント企画についての説明]
J校では毎年9月に2日間にわたって文化祭を実施している。全校各クラス代表で構成される文化祭実行委員会は、いろいろなグループによるイベント企画を募集しており、各グループの提出した企画を文化祭一般部門のプログラムに組み入れている。一方で特別企画部門も設置しており、応募企画は審査のうえプログラムへの採用可否を決めている。J校学友会は特別企画部門にエントリすることにし、次の企画書を準備した。

 文化祭(特別企画部門)イベント 地球温暖化問題イラストコンテスト企画書 企画立案:地球温暖化問題イラストコンテスト実行委員会(J校学友会)

1. イベント名称
ヒトゴトじゃない! 自分たちの目で見た地球温暖化問題イラストコンテスト
2. 企画実施団体
地球温暖化問題イラストコンテスト実行委員会(J校学友会)地元のA新聞社の協賛を得る。
3. イベントの概要
  • (1) 地球温暖化問題について、同世代の認識・理解を深めるためのイラストを公募する。
  • (2) 公募対象は在校生とする。先生方のオープン参加も受け付ける。
  • (3) 応募作品を展示するとともに、審査委員および来場者による作品審査と表彰を行う。
  • (4) 展示と表彰式は、校舎内オープンスペースでおこなう。
  • (5) 表彰式ならびにアトラクションを実施する。
  • (6) 上位入選作品は、学内新聞および同窓会誌に掲載依頼する。また、毎年文化祭の取材をしてくれている地元A新聞にも記事掲載を依頼する。
4. イベントの趣旨
授業で地球温暖化問題を学び、21世紀の後半まで生きるわれわれとして温暖化の問題は直接自分たちの問題だと気づいた。だが実感はいまひとつ。認識も、理解も十分とはいえない。そこで文化祭の機会を利用して「地球温暖化」をテーマとするイベント企画にとりくむことによってまず自分たちが認識と理解を深め、イベントの実施を通じて同世代の若者に認識を広げ、さらに文化祭を訪れる地域の大人たちや他校の生徒にも問題を知ってもらうことをめざして、この企画をすすめることにした。 企画の要点は以下のとおり。
  • (1) テーマについて自分達が理解した内容をもとにイラスト表現・展示発表するとともに、コンテストという方法をとることによりみんなの関心を呼び起こし、イベントとして盛り上げる。
  • (2) 審査基準は、表現技術よりも若者にたいしてわかりやすいかどうかに重点を置く。
  • (3) 来場者にも審査投票をしてもらい、見るだけのイベントにおわらせないようにする。
  • (4) 展示ならびに表彰式は、来場者の目にふれやすい場所を確保したい。
5. イベント実施の体制と活動内容
  • (1) 作品募集
    • 広報係を設け、作品募集要項の作成、広報、ならびに応募うけつけの実務を担当する。
  • (2) 展示
    • 展示係を設け、展示プランを作成し、応募作品の受付、搬入搬出、展示設営の実務を担当する。
  • (3) 審査
    • あらかじめ生徒代表による審査委員会を設け、審査基準と審査方法を決め、文化祭初日に審査をおこなう。
    • 展示期間中に来場者にも審査投票してもらう。そのための審査基準と審査方法を別に決める。
    • 両者をあわせて入賞選考をおこなう。
  • (4) 表彰
    • 運営係を設け、審査委員会と連携して文化祭最終日に入賞作品の発表と表彰式を行う。
  • (5) アトラクション
    • 上記の運営係がアトラクションの企画を立案し、表彰式を行うときに、ゲストバンドによるライブセッションを実施する。
  • (6) 対外交渉
    • 対外交渉担当を設け、アトラクションのゲスト出演交渉、A新聞社の協賛依頼交渉を行う。
6. 予算
  • (1) 総額 ○○○○○円。
  • (2) 内訳は別紙予算書に記載。
  • (3) 会計係を設け、予算執行を管理する。

〈設問1〉次の企画書の記述構成に関する文中の空白にあてはまるものを解答群から選べ。

企画書は企画内容を必要な相手に伝えるために作成される。内容を記述していくときに5W1H(ビジネス分野では5W2Hとすることも多い)の基準に従って考えを整理していくと、相手の求める情報をきちんと表現する助けになる。

この企画書の構成では次のような記述がなされている。

  • 「企画の名称」は、(1) が端的にわかるように記述されている。
  • 「イベントの概要」では、(2) が記述されている。
  • 「イベント実施の体制と活動内容」では(3) が記述されている。
解答群
ア.このイベントで誰が何をどのように実施するのか
イ.このイベントで誰が何を実施するのか
ウ.このイベントで誰が何をどこで実施するのか
エ.誰がなぜこの企画を推進するのか
オ.誰がどのように企画を推進するのか
カ.企画推進のために誰がいつ何を行うか

もっと、サンプル問題を見る
ダウンロード(PDFファイル)

→受験要領 →情報デザイン試験
→出題範囲 →共通科目 →ビジュアルデザイン分野
→インタラクティブメディアデザイン分野
→プレゼンテーションデザイン分野
→サンプル問題 →共通科目 →ビジュアルデザイン分野
→インタラクティブメディアデザイン分野
→プレゼンテーションデザイン分野

↑ページのトップへ