ICT社会の定番!これまでの出願者数は、約130万人を突破!主に、高校生、専門学校生、短大・大学生、社会人の受験生が多数。J検についてもっと詳しく

情報活用試験 2級サンプル問題

2級試験のサンプル問題を紹介しています。より詳しいサンプル問題をご覧になりたい方は、こちらからサンプル問題(PDFファイル)をダウンロードしてください。

Get Adobe ReaderPDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader が必要です。アドビ社のサイトより無料でダウンロードできます。

サンプル問題

問題1 次の入力装置に関する記述中の □に入れるべき字句を解答群から選べ。

パソコンの入力装置として文字情報を入力するキーボード,位置情報を入力するマウスなどがあるが,この他にもパソコンに様々な情報を入力する装置がある。

図形や文字などの形状をイメージ情報としてパソコンに入力する装置として(1)がある。この装置は,紙の上に描かれた字形や文字,印刷物などを点の集まりとして読み取り,コンピュータに入力する。この読み取る点が小さいほど正確な図形として読み取ることができる。この点を読み取る時の性能を(2)という単位で表し,この数値が大きいほど図形を正確に読み取ることができる。

画像・映像を取り込む携帯型の装置としてディジタルカメラがある。フィルムなどは不要で,カメラのレンズを通過した光を(3)と呼ばれる素子で電気信号に変換し画像をディジタルデータとして,内蔵するメモリカードなどに保存する。撮影後のデータをパソコンに送る場合は,メモリカードなどを介してパソコンに取り込む場合と,ディジタルカメラとパソコンをケーブルで接続してデータを伝送する場合がある。ディジタルカメラの性能を表すものとして画素数があり,この数値が大きいほどきれいな画像を取り込むことができる。

文字そのものを光学的に読み取る装置を(4)という。手書きのデータ入力などに利用され,個人向けのものとしてはイメージ情報として読み込んだデータをソフトウェアで判別して,画像データをテキストデータに変換するソフトを利用することが多い。

カードやシートの記号欄を鉛筆やマークペンなどで塗りつぶしたものを光学的に読み取る装置を(5)という。入学試験や検定試験の解答用紙,国勢調査やアンケートなどの回答用紙などの入力処理に使われており,大量のデータを処理するのに 適した装置である。

スーパーやコンビニエンスストアなどで買物をする場合,商品に図1の模様を目にすることがある。この模様を(6)といい,商品名や価格・製造日付・国名などの情報を異なる太さの縦線を組み合わせて表現している。国内で生産された商品などについているものは,JANコードとしてJISで標準化され,専用の読取装置を接続したキャッシュレジスタなどから読み込まれる。最近では,図2のような(7)が普及しつつあり,携帯電話に内蔵されたディジタルカメラから読み込めるようになっている。

図1、図2

(1)〜(3)の解答群
ア.ディジタイザ イ.bps ウ.dpi
エ.画素 オ.ピッチ カ.タブレット
キ.CCD ク.XYプロッタ ケ.イメージスキャナ
(4),(5)の解答群
ア.OCR イ.OEM ウ.OSI
エ.OMR オ.MICR カ.CRT
(6),(7)の解答群
ア.ユニコード イ.バーコード ウ.トロンコード
エ.EUCコード オ.ASCIIコード カ.QRコード

全級サンプル問題を見る
ダウンロード(PDFファイル)

→受験要領 →情報活用試験
→出題範囲 →3級  →2級  →1級
→サンプル問題 →3級  →2級  →1級

↑ページのトップへ