ICT社会の定番!これまでの出願者数は、約130万人を突破!主に、高校生、専門学校生、短大・大学生、社会人の受験生が多数。J検についてもっと詳しく

団体受験校からの応援メッセージ

団体受験校からの応援メッセージを新着順に紹介しています。

応援メッセージ1

船橋情報ビジネス専門学校 情報処理科 齊藤博之氏

知識の整理と学生のモチベーションアップに活用

プロフィール

船橋情報ビジネス専門学校
情報処理科
齊藤博之氏

本校の情報処理科は、プログラマとシステムエンジニアを養成する学科ですが、ただ就職すればよいということではなく、就職してからも自分自身の力で成長できる教育を心がけています。したがいまして、ITスキルはJ検で、ビジネススキルはB検で、実力を確認し、また上級の試験を目標にしています。そして、合格した後には、知識だけではなく、そのレベルに実力を上げるようにと指導し、フォローしています。

J検の情報システム試験は、「基本スキル」「プログラミングスキル」「システムデザインスキル」という3科目があり、これに合格すれば、プログラマ及びシステムエンジニアとして認定されるため、学生のモチベーションの源になっています。

試験範囲が国家試験とほとんどの部分で重複しているので、国家試験前に自分の実力を知るために、あるいは国家試験に失敗した学生でも、この情報システム試験をジャンプ台として再起を図るために、受験を勧めています。また、国家試験の午前80問が前後の脈絡のない出題であるのに対して、情報システム試験の1問は大きなテーマに対するいくつかの小問で構成されているため、知識の整理にも有効です。実際、情報システム試験の過去問題を、国家試験受験前の知識整理のために、活用させていただいています。

※応援メッセージの内容は、取材当時のものです。

↑ページのトップへ