ICT社会の定番!これまでの出願者数は、約130万人を突破!主に、高校生、専門学校生、短大・大学生、社会人の受験生が多数。J検についてもっと詳しく

企業の採用ご担当の皆さま

定評あるJ検!これまで以上に実践的に

出願者数125万人を突破!情報検定の定番試験

情報社会の著しい進展にともない、ICT*能力を客観的基準で評価する文部科学省後援の検定試験として、情報検定(J検)は誕生しました。昭和63年にJ検の前身である情報処理能力認定試験を実施して以来、これまでの出願者数は約125万人を超え、約60万人の合格者の方々が社会で活躍されています。

どのような業種、職種であっても、ビジネスの現場ではICT能力がますます重視されています。その潮流の中で、J検に向けた学習や検定合格によって身についた知識・スキルが仕事の効率化、高度化をもたらすことは、産業界で広く認知されています。

→これまでの受験者数と合格率

*ICTとは

Information and Communication Technologyの略で「情報通信技術」と和訳されます。IT(Information Technology)と同様の意味で使われることが多いのですが、"Communication"が追加されることによって、情報通信におけるコミュニケーションの重要性が増大しているユビキタスネット社会に、より適した表現になったと言えます。

すでに海外ではITよりもICTのほうが一般的で、日本でも、総務省による「IT政策大綱」が、2004年度から「ICT政策大綱」に改称された経緯に見られるように、定着しつつあります。

産業界からの要請に応えて、これまで以上に実践的で専門性の高い検定試験に生まれ変わります。

「情報」を扱う人材に求められるスキルは年々、技術の進化に伴い先鋭化しています。 J検は産業界の要請に応え、ビジネスの現場で高度に発揮される3つの能力、「システムを創る能力(情報システム)」「情報を使う能力(情報活用)」「情報を伝える能力(情報デザイン)」を個別に評価します。より実践的で専門性の高い検定試験です。

J検の活用で、能力の高い人材を育成

時代に必要とされているスキル、コミュニケーション能力を評価する日本で初めての検定試験を実施します。

現在の「高度情報利用社会」においては、情報の質を見極め、選択・収集し、それを正確に分かりやすく伝える力が求められています。ビジネスの現場で必要とされる「コミュニケーション能力」とはこのような「情報デザイン力」を基盤とします。

J検が日本で初めて導入した「情報デザイン試験」は、情報の収集・分析力、構築・構成力、伝達・表現力など、情報デザイン(コミュニケーション)に必要な能力を総合的に評価できます。

J検は、3つの試験を通じて、能力の高い人材の育成・スキルアップをサポートします。

情報を創る 情報システム試験
息の長い技術者の養成
日々刷新される最新の技術動向に翻弄されない息の長い技術者の素養を育みます。試験学習を通じて身につけた基礎力が、最先端の技術を習得しやすい素養を支えます。
情報を使う 情報活用試験
基礎のしっかりした人材の育成
基礎的な情報機器の設定・操作からネットワーク社会における情報モラルや利用者側が備えるべきセキュリティに至るまで体系的に学び、情報活用スキルの土台を築きあげた人材が育成されます。
情報を伝える 情報デザイン試験
コミュニケーション力あふれる人材の育成
コミュニケーション能力、具体的にはプレゼンテーション力、表現力、描写力、交渉力、発想力、論理的思考力、などを体系的に学び、社会に求められる、情報を上手に表現・伝達できる人材が育成されます。

J検への取材のお申込み・お問い合わせについて

J検への取材のお申込み、資料やデータのご要望などございましたら、以下までお気軽にお問い合わせください。一般財団法人 職業教育・キャリア教育財団 検定試験センター (旧 専修学校教育振興会) 〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-25 私学会館別館11階 TEL:03-5275-6336 E-mail:jksc@sgec.or.jp

E-mail:jksc@sgec.or.jp

よくあるご質問

↑ページのトップへ