ICT社会の定番!これまでの出願者数は、約130万人を突破!主に、高校生、専門学校生、短大・大学生、社会人の受験生が多数。J検についてもっと詳しく

J検を導入済みの学校・教育関係の皆さま

新試験制度への改定のご案内

情報社会の変化に合わせ、 3つの独立した体系による新試験制度へ改訂します

情報検定(J検)は、これまで、学校情報教育を基盤として「情報処理・利活用」の能力を評価する試験として実施してまいりました。

しかし情報社会が著しい変化を続ける中で、本検定が学校情報教育に貢献し、産業界の要請に応えてゆくためには、従来の試験体系では不十分であると考え、評価領域の見直しを行うこととなりました。

平成18年度後期試験より、旧来の試験は、情報を<創る>「情報システム試験」、情報を<使う>「情報活用試験」の2体系に分かれます。また新たに情報の「収集・分析力」、「構築・構成力」、「伝達・表現力」といった情報を<伝える>能力を「情報デザイン」という新領域に位置づけ、広く情報社会で生きる人の素養として評価する第3の試験体系を設定しました。この3つの独立した体系での試験により、方向性を定めた専門性の高い学習をすすめることが可能になります。

これまでの試験制度 新しい試験制度
旧:情報処理・活用 新:情報システム試験・情報活用試験
旧:(該当無し) 新:[NEW] 情報デザイン試験

J検新試験制度のご案内の資料はこちらからご請求ください(無料)

学校情報教育を基盤とした検定試験

生徒たちの将来を見据え  受けさせておきたい定番の検定試験

学習指導のガイドラインに

1980年代に教育現場の声から誕生したJ検は、学校情報教育過程に対応した検定試験として定評を受けています。学生の学習意欲を維持向上させるため、学校の授業進度や国家試験の受験スケジュールに合わせて、試験科目や時期をお選びいただけます。

情報を創る 情報システム試験 情報システム学科、情報処理学科など、情報技術系学科の教育指針として活用していただけるとともに、単科合格制により教育段階に応じた受験対策が可能です。また、国家試験である基本情報技術者試験に向けての力試しや弱点補強にもご利用ください。
情報を使う 情報活用試験 学校の情報教育課程に対応した、全国基準の検定試験です。学生・生徒の学習進度を測る物差しとして活用していただき、学校での指導に役立てていただくことができます。
  • 1級試験:情報ビジネス、情報システム系専門学校の学生に最適です。
  • 2級試験:大学、専門学校の全般の入口試験として最適です。
  • 3級 / J検 情報活用基礎試験:中学、高等学校の学生・生徒に最適です。
情報を伝える 情報デザイン試験 ビジネスフィールドで求められる情報デザイン力(コミュニケーション能力)を測ることのできる新しい領域の検定試験です。情報・クリエイティブ関連の企業への就職が有利になります。
学校・教育関係の皆さま向けに、「情報デザイン試験の指導手引書」をご用意いたしました。
[PDF] 情報デザイン試験の指導手引書 学校からも社会からも期待されている「情報デザイン教育」について、指導のねらいやJ検が提案するカリキュラムモデルなどをわかりやすく紹介しています。 こちらから情報デザイン指導手引書(PDFファイル)をダウンロードしてください。

Get Adobe ReaderPDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader が必要です。アドビ社のサイトより無料でダウンロードできます。

進路優遇について

これまで進めてきた大学、短大における入学優遇制度や高校、大学、短大、専門学校における単位認定制度は、そのままご利用いただくことができます。また、AO入試への訴求点としても、高い価値を提供しています。

さらに教育機関のみならず、企業でも採用や人事考課査定基準としてJ検を採用していただいています。キャリアパスの指針としても、ご活用いただけます。

J検の実績と責務

これまで約125万人の受験者を迎え入れ、約60万人の合格者を輩出してきたJ検。その伝統と実績を受け継ぎ、今後も情報検定の定番試験、情報技術社会の道しるべとして、教育現場の方々のサポートを続けてまいります。

J検へのお問い合わせについて(無料)

J検の資料請求や団体受験の願書請求、その他のご質問・ ご相談など、お気軽にお問い合わせください。[資料請求・お問い合わせはこちらから]

よくあるご質問

↑ページのトップへ