ICT社会の定番!これまでの出願者数は、約130万人を突破!主に、高校生、専門学校生、短大・大学生、社会人の受験生が多数。J検についてもっと詳しく

個人でJ検を受験される皆さま

情報検定の定番試験といえば「J検」

情報検定の定番試験といえば「J検」 未来のあなたを支援する、文部科学省後援の情報検定です

J検は、これまで約125万人の受験者を迎え入れ、約60万人の合格者を輩出した定番の情報検定です。多くの人々が、情報利活用能力をこの試験で証明し、今も社会で活躍を続けています。

また多くの方に利用していただくため、全国の会場で年2回の試験を実施しており、受験料も比較的リーズナブルに設定しています。さらに、学校・教育機関が設けている単位認定・入学優遇措置制度や企業の採用・昇給基準としてもJ検は採用されていて、「自身の習熟度の確認」「国家試験に向けての腕試し」「実践的なスキルの習得」など、受験目的も人それぞれです。

現代は誰もが情報を扱うことから逃れられない時代です。今後、ビジネスフィールドやクリエイティブフィールドで活躍する姿をイメージすると、学生として、企業人として、あなた自身として、一定のスキルを身につけることがますます大切になっています。あなたもJ検にチャレンジされては、いかがでしょう。

新しいJ検の特徴

新しいJ検のキーワードは3つ!「創・使・伝」

J検では「情報」を扱う人材に必要とされる能力を、システムを<創る>能力「情報システム試験」、情報を<使う>能力「情報活用試験」、そして情報を<伝える>能力「情報デザイン試験」の3体系に分けて試験を実施します。さらに、3つの体系には、それぞれ分野またはレベルに応じた試験科目が用意されています。あなたの興味や志望、指向や習熟度に応じて、どの試験科目を受験するかお選びください。

情報を創る 情報システム試験
  • 基本スキル
  • プログラミングスキル
  • システムデザインスキル
プログラマ・システムエンジニアなど、情報システムを「創る」スペシャリストを養成するためのガイドラインとして、専門性の高い評価基準を策定しました。
情報を使う 情報活用試験
  • 3級
  • 2級
  • 1級
情報・パソコンの利用者に求められる「情報利活用能力」を体系化させ、とかく曖昧に語られがちだった「情報リテラシー」に対し、スタンダードな評価基準を策定しました。
情報を伝える 情報デザイン試験
  • 初級
  • 上級
分析力・論理力・表現力・説得力など、社会で働きはじめる人に必要とされる、情報を「受け取り、伝える」能力に対し、新しい評価基準を策定しました。

どの試験科目を受験するかお悩みの受験生へ 目的別に選ぶ!J検のおすすめ受験モデルパターン

企業で働くビジネスパーソンからのメッセージ

システム開発会社勤務 J.K様からのメッセージ

技術者も身につけておきたい、コミュニケーションや情報収集のスキル!
株式会社内田洋行
情報システム事業部
アプリケーション開発部
堀部 真一氏

株式会社内田洋行 早野郁夫様からのメッセージ

プロの現場で活躍する「行動力」をつけるには、「情報整理能力」が必須!
株式会社デジタル・ナレッジ
執行役員
小林建太郎氏

Jのお申し込み 詳しくはこちら

受験のお申し込みについては、こちらをご覧ください

よくあるご質問

↑ページのトップへ