ICT社会の定番!これまでの出願者数は、約135万人を突破!主に、高校生、専門学校生、短大・大学生、社会人の受験生が多数。J検についてもっと詳しく

受験のお申し込み

団体で受験のお申し込みを行う皆さまへ

J検では、全国の高校・専門学校、短大・大学、企業で団体受験を実施しています。団体受験は、PBT方式とCBT方式よりお選びいただけます。

PBT方式の出願・お申し込みについて

原則として総出願者数が10名以上で、自団体受験者の会場となる団体が対象です。
ご担当者さまがお取りまとめの上、出願いただきます。団体登録は不要です。

電子願書によるメール添付でご出願いただけます。
出願の詳細につきましては、以下より電子願書等書類をダウンロードいただき、「団体出願のご案内」をご確認ください。

PBT方式 情報活用試験の電子願書等書類(zipファイル)

PBT方式 情報システム試験の電子願書等書類(zipファイル)

団体受験に関するご質問やご相談、受験案内・願書(冊子)のご請求などございましたら、こちらからお問い合わせください

PBT方式で受験する学生・生徒さま閲覧用 受験案内・願書

団体ご担当者さまが受験者全員の願書をお取りまとめの上、出願手続きをいたします。
学生・生徒さまは受験案内・願書を閲覧用としてご利用いただけます。
出願を希望される方は、団体ご担当者さまにお問い合わせください。

PBT方式受験案内・願書PDF版(前期・後期共通)
情報活用試験・情報システム試験共通

お申し込みに際し、ご了承いただきたい事項(PBT方式 / CBT方式共通)

個人情報の取扱いについて

本申込書を使ってお申込みされた方の個人情報は、本検定の円滑な実施を目的として、目的の達成に必要な範囲内で使用されます。また、個人情報は次の場合を除き第三者に開示しません。

  1. 本人の同意がある場合
  2. 個人情報に関する機密保持契約を締結している業務委託会社に対して、利用目的の達成に必要な範囲で個人情報の取り扱いを委託する場合
  3. 統計データなど個人を識別できない状態に加工した場合
  4. 法律等に基づき、開示を求められた場合

トラブル、イレギュラーケースについて

  1. 試験会場における受験者間のトラブル等には、試験センターは一切関与しません。
  2. 受験者は、試験会場が所有するパソコンおよび周辺機器、その他備品などを故意または通常の使用とは異なる方法で毀損させた場合は、全ての費用を弁償していただきます。
  3. 台風、大雪等の天変地異、伝染病の流行などの不測の事態により、試験が中止となった場合は、可能な限り速やかにホームページにお知らせします。上記理由により試験が中止となった場合でも、検定料の返金は致しません。
  4. 受験者の迷惑行為、不正行為により試験監督者から退場・失格を受け試験を中止した場合、検定料の返金は致しません。
  5. いかなる場合においても、試験センターが受験者に負う責任は、当該受験者が支払った検定料総額を上回るものではありません。

受験のお申込みに関するご質問・お問い合わせについて

一般財団法人 職業教育・キャリア教育財団 検定試験センター
(旧 専修学校教育振興会) J検係

TEL:03-5275-6336 FAX:03-5275-6969 e-mailアドレス:jksc@sgec.or.jp

↑ページのトップへ