ICT社会の定番!これまでの出願者数は、約130万人を突破!主に、高校生、専門学校生、短大・大学生、社会人の受験生が多数。J検についてもっと詳しく

現代情報社会とJ検

情報技術はより高く、より広く

(情報技術はより高く、より広く)ITが革新的技術としてもてはやされた時代は過ぎ去り、今や基礎的なICT*能力はビジネスパーソンにとって、必要条件の一つとなりました。時代の流れに伴い、一人ひとりに求められるスキルは、高度になるばかりでなく、幅の広いものへと変容しつつあります。

たとえば、かつて「コンピュータを扱える」といえば、「プログラムが組める」「システムが分かる」といった特化した技術を指す事が多かったものです。しかしパソコンが普及した今日では、その意味も、広く一般的なものとなっており、今や特別なスキルとして認識されません。こうした基礎的スキルの上に、さらにシステム開発能力や、あるいは情報をいかにアウトプットし伝達するかといった情報表現(デザイン)能力にいたるまで、コンピュータを扱う技術は専門性をもった多様な方向へ、「扱える」という言葉の解釈も拡大しています。

*ICTとは

Information and Communication Technologyの略で「情報通信技術」と和訳されます。IT(Information Technology)と同様の意味で使われることが多いのですが、"Communication"が追加されることで、情報通信におけるコミュニケーションの重要性が増大しているユビキタスネット社会に、より適した表現になったと言えます。

すでに海外ではITよりもICTのほうが一般的で、日本でも、総務省より出されていた「IT政策大綱」が、2004年度から「ICT政策大綱」に改称された経緯に見られるように、定着しつつあります。

J検の誕生とコンセプト

(J検の誕生とコンセプト)テクノロジーの進化が止まない現代情報社会においては、産業・教育・文化などあらゆる局面で、「情報」を扱う人材に対する体系的な評価制度が求められています。こうした背景により、「情報」を扱う人材に必要とされるICT能力を客観的基準で評価する文部科学省後援の検定試験として、情報検定(J検)が誕生しました。昭和63年にJ検の前身である情報処理能力認定試験を実施して以来、これまでの出願者数は約130万人を超え、約60万人の合格者の方々が社会で活躍されています。

試験問題は、専門学校・高等学校、大学・短大、企業などの情報教育の専門家が作成しており、難問や奇問は避け、基本的かつ一般的で是非身に付けたい知識や技術を主な題材にしています。さらに、最新の情報技術も動向を予測しながら慎重に出題しており、常に新しい知識・技術を習得して現代情報社会において柔軟に対応できる能力を評価します。

↑ページのトップへ