ICT社会の定番!これまでの出願者数は、約130万人を突破!主に、高校生、専門学校生、短大・大学生、社会人の受験生が多数。J検についてもっと詳しく

これまでJ検に合格された皆さまへ

合格・認定の履歴書等への記載方法

過去にJ検に合格された皆さまがJ検の合格・認定について履歴書等へ記載する場合には、それぞれ以下のようにご記入ください。
試験・認定の英語表記についてはこちらをご覧ください。

平成18年度後期試験 以降

文部科学省後援 情報検定※1 ○○試験○○合格(認定)

記載例
:文部科学省後援 情報検定 情報活用試験 3級合格
:文部科学省後援 情報検定 情報システム試験 システムエンジニア認定

平成18年度前期試験 (第25回情報処理活用能力検定 旧制度)※2

文部科学省後援 情報処理活用能力検定○級合格

記載例
:文部科学省後援 情報処理活用能力検定2級合格

平成17年度試験以前 (第1回〜第24回情報処理活用能力検定 旧制度)

文部科学省認定 情報処理活用能力検定○級合格

記載例
:文部科学省認定 情報処理活用能力検定1級合格

平成5年度試験以前 (情報処理能力認定試験 第1回〜第10回)

文部科学省後援 情報処理能力認定試験○級合格

記載例
:文部科学省後援 情報処理能力認定試験A級合格

※1 J検の試験名称変更への経過措置として、平成18年度後期試験につきましても履歴書等に「情報検定」と記載することを可能とします。

※2 第25回情報処理活用能力検定(平成18年6月18日実施)以前の合格については、合格した当時の試験名称・級での認定にとなります。

※3 「合格証書」「合格証明書」の交付(有料)、「合格証(カード型)」の再発行は、合格した当時の試験名称により継続いたします。くわしくは、合格証の発行についてをご覧ください。

尚、情報処理能力認定試験(平成5年度以前に実施)の「認定証」「認定証書」の交付・再発行は、対応を終了とさせていただきました。

↑ページのトップへ