ICT社会の定番!これまでの出願者数は、約130万人を突破!主に、高校生、専門学校生、短大・大学生、社会人の受験生が多数。J検についてもっと詳しく

情報システム試験の特徴

情報処理能力を総合的に評価します。

  • プログラマ認定
  • システムエンジニア認定
試験科目
  • 基本スキル
  • プログラミングスキル
  • システムデザインスキル

新しくなったJ検 各試験の特徴

創る 使う 伝える 情報デザイン 情報システム 情報活用

情報システム試験はこんな試験

情報処理技術を総合的に評価する試験です。試験科目には、「基本スキル」「プログラミングスキル」「システムデザインスキル」の3つがあり、 「基本スキル」と「システムデザインスキル」に合格した方にはシステムエンジニア認定、「基本スキル」と「プログラミングスキル」に合格した方にはプログラマ認定を交付します。

また、試験の実施時期が国家試験と連動しており、国家資格取得のスペシャリストを目指す「登竜門」として活用していただくことも可能です。情報システムを「創る」スペシャリストを養成するためのガイドラインとして、専門性の高い評価基準を策定しました。

こんな人に最適

  • ソフトウェアの開発をめざす人
  • プログラマをめざす人
  • システム開発技術者をめざす人

こんな内容を評価

基本スキル
  • プログラミングやソフトウェア開発の基盤となる情報の表現・ハードウェア・基本ソフトウェアに関する基礎的知識
プログラミングスキル
  • 想定処理に対して適切なデータ構造とアルゴリズムを適用できる能力
  • 適切なテストケースを作成し、テスト結果の正当性を評価できる能力
システムデザインスキル
  • システムの開発と、それに必要なネットワーク技術・データベース技術および、セキュリティと標準化に関する知識

情報システム試験の受験要領はこちら

→試験の特徴 →情報システム試験  →情報活用試験  →情報デザイン試験

どの試験科目を受験するかお悩みの受験生へ 目的別に選ぶ!J検のおすすめ受験モデルパターン

↑ページのトップへ