ICT社会の定番!これまでの出願者数は、約130万人を突破!主に、高校生、専門学校生、短大・大学生、社会人の受験生が多数。J検についてもっと詳しく

企業の採用ご担当の皆さま よくあるご質問

J検についてや試験概要など、企業の採用ご担当の皆さまからよくお問い合わせをいただくご質問と回答を紹介しています。

よくあるご質問の一覧

ご質問と回答

J検とは何ですか?

情報検定(J検)は、ICT能力を客観的基準で評価する文部科学省後援の検定試験です。情報に関する「創る・使う・伝える」の三分野で、受検者の志向やレベルに合わせて受検することができます。
これまで高校生・専門学校生、短大生・大学生、社会人の皆さまを中心に、約130万人以上が受検し、約60万人の合格者の方々が社会で活躍されている、情報検定の定番試験です。詳しくはよくわかるJ検J検から皆さまへなどを参照ください。

J検に合格した人にはどんな能力の評価を期待できますか?

試験問題は、専門学校・高等学校、大学・短大、企業などの情報教育の専門家が作成しており、難問や奇問は避け、基本的かつ一般的で是非身に付けたい知識や技術を主な題材にしています。さらに、最新の情報技術も動向を予測しながら慎重に出題しており、常に新しい知識・技術を習得して現代情報社会において柔軟に対応できる能力を評価します。
J検は、それぞれの試験科目を通じて、能力の高い人材の育成、スキルアップをサポートします。詳しくは能力の高い人材を育成を参照ください。

なぜ日本で初めての「情報デザイン」の試験をスタートしたのですか?

情報社会は、情報を「創る(システム)」「使う(情報活用)」の時代から、「伝える(コンテンツ)」時代へと移り変わってきました。現在の「高度情報利用社会」においては、情報内容(コンテンツ)とその質に関心が高まっており、情報を適切な形に表現し、伝達する能力、つまり「情報デザイン力」が重要視されています。
企業ではこうした能力が非常に求められていると同時に、教育現場では「情報デザイン力」の指導指針が求められています。
このような時代のニーズに対応すべく、J検では平成18年度後期試験から「情報デザイン試験」を日本で初めて実施しました。情報デザインについての詳細はこちらを参照ください

新しくスタートした「情報デザイン試験」とはどのような能力を評価する試験ですか?

情報デザイン試験は、情報の収集・分析力、発想・企画力、伝達・表現力を総合的に評価することで、情報をいかに加工・表現し、相手に正確に伝えることができるか、情報を扱う人材に求められているコミュニケーション能力を評価するまったく新しい試験です。
試験科目は、「共通科目」「ビジュアルデザイン分野」「インタラクティブメディアデザイン分野」「プレゼンテーションデザイン分野」の4つがあります。
詳しくは情報デザイン試験の特徴情報デザイン試験の受験要領などを参照ください。

企業でも団体受験を実施することは可能ですか?

はい、実施していただけます。
詳しいご案内資料やお申し込み方法をお知らせいたしますので、こちらよりお問い合わせください

↑ページのトップへ