ICT社会の定番!これまでの出願者数は、約130万人を突破!主に、高校生、専門学校生、短大・大学生、社会人の受験生が多数。J検についてもっと詳しく

マスコミ関係の皆さま よくあるご質問

J検についてや試験概要など、マスコミ関係の皆さまからよくお問い合わせをいただくご質問と回答を紹介しています。

よくあるご質問の一覧

ご質問と回答

J検とは何ですか?

情報検定(J検)は、ICT能力を客観的基準で評価する文部科学省後援の検定試験です。情報に関する「創る・使う・伝える」の三分野で、受検者の志向やレベルに合わせて受検することができます。
これまで高校生・専門学校生、短大生・大学生、社会人の皆さまを中心に、約130万人以上が受検し、約60万人の合格者の方々が社会で活躍されている、情報検定の定番試験です。詳しくはよくわかるJ検J検から皆さまへなどを参照ください。

新しいJ検はこれまでの試験とどのように違いますか?

新しい試験制度では、独立した3つの体系の試験を行います。具体的には、旧制度の評価領域であった「情報処理・活用」を「情報処理技術」と「情報利活用」という2つの体系に細分し、さらに今日の社会需要に対応するために情報コミュニケーション力を測る「情報デザイン」体系を設けました。
これにより、受験生の興味や志望、志向や習熟度に応じて、最適な試験を選択できるようになります。詳しくはこれまでのJ検との違いを参照ください。

なぜ日本で初めての「情報デザイン」の試験をスタートしたのですか?

情報社会は、情報を「創る(システム)」「使う(情報活用)」の時代から、「伝える(コンテンツ)」時代へと移り変わってきました。現在の「高度情報利用社会」においては、情報内容(コンテンツ)とその質に関心が高まっており、情報を適切な形に表現し、伝達する能力、つまり「情報デザイン力」が重要視されています。
企業ではこうした能力が非常に求められていると同時に、教育現場では「情報デザイン力」の指導指針が求められています。
このような時代のニーズに対応すべく、J検では平成18年度後期試験から「情報デザイン試験」を日本で初めて実施しました。情報デザインについての詳細はこちらを参照ください

新しくスタートした「情報デザイン試験」とはどのような内容ですか?

情報デザイン試験は、情報の収集・分析力、発想・企画力、伝達・表現力を総合的に評価することで、情報をいかに加工・表現し、相手に正確に伝えることができるか、情報を扱う人材に求められているコミュニケーション能力を評価するまったく新しい試験です。
試験科目は、「共通科目」「ビジュアルデザイン分野」「インタラクティブメディアデザイン分野」「プレゼンテーションデザイン分野」の4つがあります。
詳しくは情報デザイン試験の特徴情報デザイン試験の受験要領などを参照ください。

他の情報系検定との違いは何ですか?

多彩な受験メニューで、情報システム、情報活用、情報デザインの3領域をカバーしており、3つのべクトルで力が伸ばせる試験であることです。また、学校教育課程にも対応しており、学校教育現場でも国家試験、大学入試を意識した学習支援を計画的に行うことができます。

↑ページのトップへ