ICT社会の定番!これまでの出願者数は、約130万人を突破!主に、高校生、専門学校生、短大・大学生、社会人の受験生が多数。J検についてもっと詳しく

J検のメリット

情報検定の定番試験として、広く皆さまに活用していただけるように、さまざまなメリットが盛り込まれています。

メリット1:3つの独立した体系による試験に改定、より実践的で専門的に!

3つの独立した体系に改定 より実践的で専門的な検定試験に!

情報を「創る・使う・伝える」の三方向で、専門的な学習が可能となり、受験生の興味や志望、指向や習熟度に応じて、最適な試験を選択できます。

メリット2:これまで約130万人の受験者。情報検定の定番試験だから安心!

出願者数130万人を突破! 情報検定の定番試験だから安心

文部科学省後援の検定試験として誕生したJ検。昭和63年にJ検の前身である情報処理能力認定試験を実施して以来、これまでの出願者数は約130万人を超え、約60万人の合格者の方々が社会で活躍されています。

その伝統と実績を受け継ぎ、情報検定の定番試験として、情報技術社会の道しるべとなります。

メリット3:CBT方式の併用で多彩な受験時期。科目合格制度で再挑戦しやすい!

受験時期は年2回 だから再挑戦しやすい!

J検の受験時期は、全ての受験科目において前後期制となっています。年に2回の試験実施があるため、仮に合格を果たせなくても、弱点を再学習した上で早期の再挑戦が可能になっています。さらに、CBT方式を併用して習熟度別に受験することが可能で、併願での受験、試験のタイミングにリンクした学習計画を立てることができます。

また、「情報システム試験」において、合格した科目は1年間、受験を免除することができます(科目合格試験制) 。詳細は、「情報システム試験 受験要領」をご確認ください

メリット4:多彩な受験時期、さらに科目合格制度で再挑戦しやすい!

検定の料金がリーズナブルになり複数受験しやすい!

J検の受験料は、1科目につき3,000円〜4,500円と、受験しやすい料金設定になっています。また、受験時期の前後期制により、同一試験でも年に2回の受験機会があることはもちろん、試験日程により複数分野、級を受験することも可能です。

メリット5:高等学校・専修学校のカリキュラムに対応して学校教育を支援!

学校教育のカリキュラムに対応! 計画的に受験パターンを編成

J検の試験問題は、各教育課程(高等学校・専修学校)のカリキュラムに沿って作成されているため、学生・生徒の興味や志望、クラスや習熟度に応じて、多彩な受験パターンを編成することが可能です。さらに、国家試験、大学入試を意識した学習を計画的に行うことができます。
J検は公益社団法人全国工業高等学校協会「ジュニアマイスター顕彰制度」の対象科目となっています。詳細は、ホームページをご覧ください。
公益社団法人全国工業高等学校長協会公益社団法人全国工業高等学校長協会

↑ページのトップへ