ICT社会の定番!これまでの出願者数は、約130万人を突破!主に、高校生、専門学校生、短大・大学生、社会人の受験生が多数。J検についてもっと詳しく

情報活用試験 1級 出題範囲

受験対象

ネットワーク化された環境において、情報機器の設定や操作・活用における基本的な知識と技能を持つ人。さらに情報の加工や活用ができ、情報化および情報社会の中に関わっていく人、関わっている人を対象とした検定試験です。

評価内容

1級の検定試験では、下記能力の評価をいたします。

  • 情報化社会で生活するための実践的能力
  • ネットワーク環境にあるコンピュータと各種機器の役割、アプリケーションソフトを活用した問題解決技法と知識、情報化社会に関わる諸問題および情報セキュリティに対応できる応用知識

出題範囲

1級の検定試験における出題範囲は下記のとおりです。

情報と
情報の利用

情報の概念を理解します。また情報を収集し整理し役立てるための加工方法について理解します。さらに情報はコンピュータと人間との間でどのような形で表現されるのかを理解します。

  • (1)データと情報
  • (2)情報の表現方法
  • (3)情報の活用、情報処理の手順
  • (4)情報の収集と発信
  • (5)情報の管理
パソコンを
利用した
システム

ネットワークに接続されたパソコンを取り巻くハードウェアやソフトウェア、入出力インタフェース、ファイル管理の方法などについて理解します。

  • (1)パソコンシステムとその環境
  • (2)オペレーティングシステム
  • (3)ファイルシステム
  • (4)パソコン関連機器とインタフェース
ネットワークの
利用

インターネットやLANなどのネットワークを構成する機器や、各種のネットワークの利用形態などを理解します。

  • (1)情報通信ネットワークの概要
  • (2)インターネットを利用するために必要な機器とソフトウェア
  • (3)モバイルコンピューティング
  • (4)ネットワーク上のパソコンの管理
情報ネットワーク
社会への対応

情報ネットワーク社会に関する知識や、社会とコンピュータネットワークの関わり合いについて理解します。さらに情報ネットワーク社会の諸問題について理解します。

  • (1)情報ネットワーク社会に関する用語・知識
    新聞記事におけるコンピュータ関連用語や、コンピュータ利用技術情報、及び情報機器パンフレット等の内容を理解するために必要な知識
  • (2)社会におけるコンピュータの利用
    社会的インフラとしての情報システムの概要〜ビジネス社会・個人生活における情報化の概要、情報ネットワークの進展と、社会・個人への影響
  • (3)知的財産権
    著作権、ソフトウェア特許、ビジネスモデル特許、不正競争防止法(ドメイン名保護)など
情報
セキュリティ

情報ネットワーク社会で必要となるセキュリティについて理解します。

  • (1)ネットワークセキュリティ
  • (2)コンピュータセキュリティ
表計算ソフト等を
利用した問題解決

表計算,データベース(SQLを除く)等のアプリケーションソフトを利用した問題解決について理解します

アプリケーションソフト等の扱いについて

  • 1級では、情報活用に関連する操作・取り扱いについての問題も出題されます。
  • 2・3級 / J検 情報活用基礎では、原則として下記表の○印にもとづいた問題も出題されます。
  2級 3級
HTML  
表計算  
プレゼンテーション
ワープロ  
Webブラウザ・メーラー,PC基本操作  

過去問題

過去問題は、こちらをご覧ください。

受験のお申し込み 詳しくはこちら

受験のお申し込みについては、こちらをご覧ください

→受験要領 →情報活用試験
→出題範囲 →3級  →2級  →1級
→サンプル問題 →過去問題と解答

↑ページのトップへ