ICT社会の定番!これまでの出願者数は、約130万人を突破!主に、高校生、専門学校生、短大・大学生、社会人の受験生が多数。J検についてもっと詳しく

情報活用試験 2級 出題範囲

受験対象

情報化社会での企業活動を理解するための基礎的な知識を持っている人。また、ネットワークに接続されたパソコンを利用し、業務ができる人を対象とする。

評価内容

2級の検定試験では、下記能力の評価をいたします。

  • 情報社会の仕組みを理解するための基礎的知識
  • クライアント環境のコンピュータと各種機器の役割と機能、環境設定の基礎知識
  • ソフトウェアの種類と機能、インタ−ネットおよび情報モラルと情報セキュリティなどの基礎知識

出題範囲

2級の検定試験における出題範囲は下記のとおりです。

経営戦略と
システム戦略

経営戦略とシステム戦略の基礎的知識について理解します。

  • (1)企業活動(コーポレイトガバナンス、損益分岐点、個人情報管理、在庫管理、QC)
  • (2)経営戦略(マーケティング分析、PPM、競争地位分析、BSC、SWOT分析、コアコンピタンス、アライアンス)
  • (3)情報システム戦略(ERP、CRM、KM、SFA、DSS、POS、eビジネス、PDCA、クラウドコンピューティング)
プロジェクト
マネジメント

プロジェクトマネジメントに関する基礎的知識について理解します。

  • (1)プロジェクトマネジメント(ステークホルダ、PMBOK、WBS、PERT)
  • (2)サービスマネジメント(BCP、SLA、インシデント管理)
  • (3)システム開発マネジメント(ファンクションポイント法、システム開発手法、モジュール分割技法、テスト技法)
データ構造と
情報表現

コンピュータにおける情報表現とデータ構造について理解します。

  • (1)データと情報
  • (2)コンピュータにおける情報の表現
  • (3)データ構造と操作
問題解決処理手順

問題解決技法について理解します。

  • (1)問題を改善するための方法
  • (2)基礎的なモデル化の方法
  • (3)情報を処理するための基礎的な手順
パソコンの
基礎

パソコンの仕組み、および情報の表現について理解します。

  • (1)コンピュータの種類、および動作原理
  • (2)周辺機器の種類と役割
  • (3)ファイルシステムの基礎知識
  • (4)パソコンの利用環境、および環境設定
  • (5)ヒューマンインタフェース
  • (6)マルチメディア
  • (7)データベース
インターネットの
基礎

インターネットの利用や基礎的な仕組みについて理解します。

  • (1)インターネットの利用形態
  • (2)インターネットの基礎的な仕組み
  • (3)インターネットの接続
  • (4) Webブラウザや電子メールソフトの基礎的な活用
アプリケーション
ソフトの
利用と活用

表計算ソフト等を用いた問題解決について理解します。

  • (1)表計算ソフトの基本的な使い方
  • (2)プレゼンテーションソフトを用いた,効果的なプレゼンテーション

アプリケーションソフト等の扱いについて

  • 1級では、情報活用に関連する操作・取り扱いについての問題も出題されます。
  • 2・3級では、原則として下記表の○印にもとづいた問題も出題されます。
  2級 3級
HTML  
表計算  
プレゼンテーション
ワープロ  
Webブラウザ・メーラー,PC基本操作  

過去問題

過去問題は、こちらをご覧ください。

受験のお申し込み 詳しくはこちら

受験のお申し込みについては、こちらをご覧ください

→受験要領 →情報活用試験
→出題範囲 →3級  →2級  →1級
→過去問題 →過去問題と解答

↑ページのトップへ